So-net無料ブログ作成
検索選択

旧・富岡製糸場 [旅(関東)]

先日、ウルトラマン創世記展の前に、せっかく富岡へ来たので、こちら
も寄って見ました。

深谷駅、東京駅と、ここのところ「煉瓦」づいてます(^_^;)

前にも来てますので、今回はちょっと施設紹介的な記事にしてみます。

前回の記事
http://hi-yana-beat-nsx.blog.so-net.ne.jp/2012-01-31

富岡製糸場には駐車場がないので、宮本町のパーキングに車を停めました。

0S0A1103.jpg

自動車」テーマなのに、最近は最初の1枚くらいしか車が登場しない
当ブログです(爆)

途中、レトロな建物発見!

0S0A1105.jpg

5分程で到着!

0S0A1106.jpg

ポストが良い味出してます(*^_^*)

0S0A1107.jpg

入って左の受付で、¥500で入場!

正面にあるのが「東繭倉庫」
0S0A1216.jpg

中央入口上にある「キーストーン
0S0A1195.jpg

ここの中には、展示室と売店があります。

0S0A1129.jpg

では、一回りします。

0S0A1217.jpg
0S0A1109.jpg
0S0A1110.jpg
0S0A1111.jpg
0S0A1126.jpg
0S0A1127.jpg
0S0A1128.jpg
0S0A1141.jpg

日の光を浴びた煉瓦は、絵になりますね~(*^_^*)

門を入って、すぐ左にあるのが「検査人館」
0S0A1136.jpg

ここは、どうやっても逆光で撮りづらかった(>_<)

0S0A1108.jpg
0S0A1213.jpg
0S0A1137.jpg

「検査人館」の隣は「女工館」
0S0A1138.jpg
0S0A1139.jpg
0S0A1188.jpg

「女工館」の斜め向かい、「東繭倉庫」の隣、「繰糸場」
0S0A1142.jpg
0S0A1143.jpg
0S0A1179.jpg
0S0A1149.jpg
0S0A1153.jpg
0S0A1147.jpg
0S0A1151.jpg
0S0A1154.jpg
0S0A1182.jpg
0S0A1155.jpg

「繰糸場」の隣、「ブリュナ館」
0S0A1161.jpg
0S0A1162.jpg
0S0A1160.jpg
0S0A1171.jpg
0S0A1168.jpg

この奥には、「寄宿舎」だったところがあります。

0S0A1174.jpg

こんなものもあるようなんですが・・・

0S0A1167.jpg

見れません(爆)

「診療所」
0S0A1156.jpg
0S0A1158.jpg
0S0A1159.jpg

福利厚生は、しっかりしてたみたいです!

乾燥場」
0S0A1123.jpg
0S0A1122.jpg

「煙突」
0S0A1119.jpg
0S0A1112.jpg

「西繭倉庫」
0S0A1116.jpg
0S0A1114.jpg
0S0A1118.jpg
0S0A1117.jpg

これで、ここを出て、ランチへ向かいます(*^_^*)

0S0A1221.jpg

もうちょっと施設を見れるところが多いとうれしいんだけどな~

まあ、世界遺産になってからだと、大混雑は必至!
今のうちに見に行っては、いかがですか(^_-)

今なら、前の記事のように「ウルトラマン創世記展」もやってますからね!
(2013 年 2 月 2 日(土)〜3 月 24 日(日))
nice!(19)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 11

常武鉄道

ここの煉瓦も、深谷製なんでしょうかね~?

最初「検査人館」を、「検査入館」と読んでしまいました(^^;
グルメと凸形電機は、次回登場するのでしょうか ワクワク(^^)
by 常武鉄道 (2013-02-16 17:38) 

Hiro

レンガ造りの建物も素敵ですが、
敷地が結構広い感じですね。
たくさんの人が働いていたんでしょうね。
by Hiro (2013-02-16 21:22) 

TS

既に世界遺産に推薦されたみたいですね。
近年は世界遺産が増えすぎて登録条件もだいぶ
厳しくなっているそうですが、こうしてゆっくり
見られるのは今のうちかも知れませんね。

…ウチの地元の遺跡も縄文遺跡群のひとつとして
推薦しようという動きがありますが、どうも
身近すぎてピンときておりません。(笑)

…ま、だいぶ昔、ふと気がついてみたら
すぐ後ろの山々が世界一級の名だたる景勝地と
同じ『世界遺産』になっていた事も、未だに
どうもピンときておりませんが…。(爆)
by TS (2013-02-17 00:25) 

やなぼー

>常武鉄道さん
ここの煉瓦は、深谷の職人が富岡の隣の甘楽町で作ったようです。
私の彼女たち以上にポンコツかもしれない体、「検査入館」した方が良い
でしょうか?
とりあえず今、歯が壊れてますが・・・(爆)
グルメ&凸は、次回の予定です(^_-)

>Hiroさん
ここは広いのですが、入れるエリアが限られちゃってるので、ちょっともっ
たいない感じです(>_<)
写真の写真がありますが、手作業が多いみたいなので、工女さんが300
人くらいいたようですよ。

>TSさん
知床で懲りてるので、こういう所は登録される前に行っておいた方が良い
でしょう!
そういえば、津軽地方辺りは縄文遺跡多いですね。何故???
裏山が世界遺産とは・・・
十二湖の青池は見てみたいかな!
裏磐梯や摩周の神の子池みたいな色なんだろうけど・・・
by やなぼー (2013-02-17 06:04) 

あおたけ

レンガ造りの製糸場、外観も歴史を感じさせますが、
板張りの渡り廊下など、中の細部もいい雰囲気ですね。
防火用水や「火元用心」の看板もniceです(^^)
モノクロ設定で撮ったら面白いかも。。。
内容が濃くて広いように見えますが、
これでもまだ公開されていないエリアがあるのですか。
by あおたけ (2013-02-17 09:51) 

gardenwalker

おはようございます
屋根裏部屋からウルトラマン、富岡製糸場と
煽られまくりで拝見しました。
実は去年の11月に1年ぶりに再訪したんです
(まだ公開してないんですけど・・・(^^;))
ただ、最近日経新聞の都内版に秩父鉄道の
車両置き換えのニュースが出ていたので
去年行けなかった芝桜の季節に行きたくなりました。
ウルトラマンは私にとって帰ってきたをリアルで見て
セブンを再放送で見た世代にとっては宝ですね
是非みたいです。
製糸場はやなぼーさんがブログで公開をするたびに
行かなきゃと思いつつまだ行ってません(T_T)
今年は行かなきゃがたくさんです(笑)
by gardenwalker (2013-02-17 10:21) 

まー坊

写真も盛りだくさんで工場案内もバッチリですね^^
製糸工場・・・僕は製紙工場に勤めておりました^^;
「切り捨て40!」への仲間入りをしましたので今後とも宜しくお願い致します<m(__)m>
by まー坊 (2013-02-17 11:20) 

やなぼー

>あおたけさん
どれか、セピアかモノクロにしようかと思ったのですが・・・
防火用水も火の用心も色が良かったので、断念しました。
通路とかならやっても良かったかな・・・???
東繭倉庫と繰糸場以外は、外からしか見れないんですよね。
中の造りとか見てみたいと思いません!?

>gardenwalkerさん
秋に来たんですか!記事、楽しみにしてます(^_-)
春は、秩父鉄道、SLと一緒に新型(中古だけど)の発表もするみたいです。
いよいよ、みんな「シルバー」になる日も近くなったような・・・
ウルトラマン創世記展は、あの特撮の裏側が見れたようで、おすすめですよ!
富岡製糸場は、初めてなら、ガイドさんの説明を聞いた方が良いですよ!
かなり細かいことも教えてくれます。
私の記事、あえてその辺は載せてませんので!
やっぱり、行って見て、そのときに感動があった方が絶対楽しいですよ(^_-)

>まー坊さん
ようこそ!「切り捨て40!」の世界へ(^_-)
もう折り返しを過ぎましたが、ガンガンいきましょうゼ!
紙と糸、結構違いますね(^_^;)
苫小牧、釧路、富士・・・
製紙会社のある街は、近付くと分かります。
by やなぼー (2013-02-17 14:20) 

suzuran6

一度は行ってみないといけませんね、日本の工業史の中では、わすれてはいけない降雨行ですものね、名前は忘れてしまいましたが、諏訪湖のほとりの立って入るお風呂は行ったんですよね‥
煉瓦・製糸・蒟蒻・葱、見どころ一杯です!!
‥蒟蒻・葱はちょっとちがいますか(笑)
by suzuran6 (2013-02-18 17:51) 

nozzy

なにか、明治時代を舞台にした映画に使われてもおかしくないような、いい雰囲気の建物ですね。
by nozzy (2013-02-18 19:59) 

やなぼー

>suzuran6さん
「片倉」繋がりですね!
立って入る温泉は、秋田の後生掛温泉で入りました(^_^)v
コンニャク・ネギは、隣町ですが一緒みたいなもんですよ(^_^;)

>nozzyさん
明治5年ですから、完全に和洋折衷ですね(*^_^*)
今度は産地の煉瓦をネタにしてみようかな???
近すぎると意外に行かないのだが、運転しながら見てはいるんだよね~(^_^;)
by やなぼー (2013-02-19 06:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: